健康的にキレイになりたい女性におすすめの美容法を紹介しています。

近くて必要な

近くて必要な通話状態だけれどお互い無言。
そして時折声を掛ける。
それが2人の何時もの状態です。

それぞれが家の中で用事をしたり、仕事の下準備などをしているとき
通話をしながら行う・・・というのが日常になって居ました。
1人きりではくじけてしまう。
だから、無言であっても「相手」が居ることで、頑張ろうと思える。
そんな感情は抱いていたものの、それが恋愛感情とはその当時、気がつきもしませんでした。

時々話をしながら、あくびをしながら(笑)私たちの通話は夜中まで続きました。
ほとんど話しては居なかったものの
彼の存在を感じるたびに「近さ」だとか「必要」という言葉が脳裏を過ぎるようになりました。
その頃、ようやく自分の気持ちに気がつき始めたのです。

自分の心に限りなく近くて、それでいて必要な存在。
そんな風に思える人とは早々出会うことって出来ませんし、そうした人に出会えた私は
とても恵まれているんですよね♪

彼に恋愛感情を抱くようになってからは、私の方から声を掛ける率が上がったような気がします。
好きなら声を聞きたいと思うのが自然なことでしょうし。
彼もまた、意味も何もないような連絡をくれるようになり
2人は以前とは違う形で心を寄せ合うようになり、お付き合いをする事になったのです。

PAGE TOP